医療法人 光川会 福岡脳神経外科病院 FUKUOKA NEUROSURGICAL HOSPITAL

9:00~12:30(受付8:30~11:30)
日祝・年末年始除く

(代表)092-558-0081

病院紹介

未破裂脳動脈瘤

未破裂脳動脈瘤と
診断された患者さんへ
当院の動脈瘤治療は現在9割が未破裂です。

院長 写真 院長 写真

未破裂脳動脈瘤とは

「未破裂脳動脈瘤」とは、脳動脈瘤が破裂する前の状態のことを言います。
脳の動脈にできた脳動脈瘤が破裂し出血して起こるものが「くも膜下出血」です。「くも膜下出血」は、およそ3分の1が死亡、3分の1が後遺症で苦しみ、3分の1が社会復帰と言われるほど重篤な病気です。

脳動脈瘤は、よほど大きくなって周囲の組織を圧迫しない限り、何の症状もありません。ですから元気な人でも脳動脈瘤を持っている人がいることになります。

近年、脳ドック受診者の増加に伴い、未破裂脳動脈瘤が発見される例が増えています。他にも、頭痛やめまいの検査のために受けたMRIで偶然に脳動脈瘤が発見される例も珍しくありません。

未破裂脳動脈瘤 イメージ図

治療について

問題は未破裂脳動脈瘤があると必ず破裂するのかということです。このことについてはっきりしたデータは未だありません。では、未破裂脳動脈瘤が見つかった時にどうしたらいいのでしょうか。対応は大きく2つに別れます。

第1の選択は「何もしない」という選択で、
第2は「脳神経外科で手術をする」という選択です。

未破裂の脳動脈瘤では基本的には5ミリくらいから治療を検討しますが、小さくてもいびつな形状の動脈瘤では、治療が必要になる例もあります。

治療法は「開頭クリッピング術」と開頭せずカテーテルによる「血管内治療」に大別できます。

開頭クリッピング術

全身麻酔下で頭蓋を開け脳動脈瘤を直接出して本管の動脈から動脈瘤が出ている場所(ネック)を金属製のクリップで挟んで、動脈瘤に血液が行かなくなるようにする手術です。

脳動脈瘤 図1
脳血管内手術(コイル塞栓術)

脚の付け根の大腿動脈から細いマイクロカテーテルを挿入し、脳動脈瘤の中まで送り込み、糸のように柔らかいプラチナ製コイルを密に充填。瘤の内部への血流を遮断することで破裂を防ぎます。

脳動脈瘤 図2

患者さんに負担の少ない「脳血管内手術」による治療

当院では、脳血管内手術を積極的に取り組んでおります。開頭による外科手術に比べ、傷が針穴一つなので患者さんの身体的負担が非常に少ないのが最大の特徴です。

全症例で血管内治療が適用できるわけではありませんが、くも膜下出血の治療では開頭手術より予後は良好という報告もあります。

多様な血管内治療

未破裂の脳動脈瘤の血管内治療には「コイル塞栓術」「ステント併用コイル塞栓術」そして最新の「フローダイバーター治療」があります。これにより血管内で治療できる動脈瘤が飛躍的に増えました。

脳動脈瘤コイル塞栓術
フローダイバーター治療

よくある質問

入り口が広い動脈瘤や大型の動脈瘤などは、血管内治療に向かないと聞いたのですが血管内治療できますか?
入り口が広いためコイル治療が不可能であった動脈瘤も最近では治療が可能になっています。スプリングのように自ら広がる金属のメッシュの筒(ステント)を動脈瘤の入り口(ネック)を覆うように血管の中に留置しその隙間からコイルを充填します。ステント併用コイル塞栓術を多く手がけているのが当院の特徴です。 手術前 治療後 図
塞栓術中に脳動脈瘤が破裂することはないのでしょうか?
2017年4月の開院から2020年3月までに200件以上の未破裂動脈瘤を治療しましたが、術中破裂は経験していません。
血管内治療に用いるプラチナ製のコイルは、マイクロカテーテルから押し出されると球状を形成するように形状記憶がついていて糸のように柔らかい性状です。
それでも「術中破裂」は、最大限の注意を払い最善の治療を施しても低い確率ながら「回避不可能」であると言えます。破裂しても多くはコイル操作を続けることで止血でき大事には至りません。しかし希には重大な合併症を生じる可能性はあります。リスクをゼロにすることはできませんが、限りなくゼロに近づける努力をしています。
写真 風川 清(かぜかわ きよし)

開院から2年半経過して
未破裂脳動脈瘤の血管内治療が
200件を超えました。

理事長風川 清(かぜかわ きよし)

35年間、脳血管障害の外科治療全般を専門に行う。全国40以上の病院で3,000件以上の患者さんの動脈瘤を血管内で治療。

メディア情報
朝日新聞 切り抜き
朝日新聞に掲載されました。
手術数でわかるいい病院
手術数でわかるいい病院 2020 (週刊朝日ムック) 

脳動脈瘤の治療データ
(2018年)

全国23
九州3
(福岡市内では1位)

出典元:朝日新聞社(承諾番号20-1061)
※朝日新聞出版に無断で転載することを禁じます。

未破裂脳動脈瘤についてのご相談はこちら

「治療に関するご相談」
お問い合わせメール
診療時間について
診療時間9:00~12:30

(受付8:30~11:30)
日祝・年末年始除く

診療科目
脳神経外科、神経内科、
(急性期)リハビリテーション科
お問合せはお電話で
代表092-558-0081